吉祥寺を舞台にする写真教室:吉写
By 本多俊一(フォトグラファー) Follow | Public

吉祥寺を”舞台にする”写真教室は、単にカメラの使い方をお伝えするだけではなく「Imaging LIFE~写真のその先の体験~」をテーマに掲げ、体験を通してもっともっと「写真」という「瞬間を残し伝えること」を深く楽しんでもらおうと考えています。

カメラそのものの基本的な操作方法やテクニックはもちろん踏まえつつ、その上にどのように見せていくか、あるいはどのように見えるか(伝わるか)参加者同士でディスカッションしながら進めていく、連続講座です。

2017年9月にスタートをしましたので、参加者とともに作り上げていっているような感じでもあります。
基本を押さえる全6回のコースから、その後、展示を目標にする6回、その他吉祥寺で写真を楽しめる機会をいろいろ計画していきます。
※後半6回への参加については更新の有無を確認します。

【講師プロフィール】
本多俊一
1981年愛知県生まれ。フォトグラファー/写真教室講師/映像制作/グラフィックデザイナー/ライターなど。
小学生の頃4年アメリカ:ヴァージニア州現地校にいたりしつつ、都立豊多摩高(谷川俊太郎や宮﨑駿と同じらしい)・尚美学園大学芸術情報学部 情報表現学科(1期生!)卒業のち、芸能プロダクション付制作会社や教材映像制作の会社を経て、フリーランスに。現在、フォトグラファーとして活動しながら、現在PHaT PHOTO写真教室にて専属講師。また、80人ほどを集めるグループ展PhotoNicoの主催や、海外での日本人展の企画(2017年もフランス・パリで開催)など展開中。
東京京橋にあるTOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHY(T.I.P)のマネージャーとして事務局運営中でもある。
その他クリエイティブに特化した転職支援や和田裕美式・陽転思考エデュケーターなど多方面に渡り活動中。
著書(共同執筆)に「Photoshop Lightroom CCで極める! プロの現像テクニックに学ぶ作品づくり(マイナビ出版)」がある。